HOME


フィリップ・スパーク(Philip Sparke, 1951年12月29日 – )は、イギリスの作曲家。ロンドンで生まれ、10代の頃にピアノやヴァイオリンのレッスンを受ける。王立音楽大学(RCM)にてトランペット、ピアノ、作曲を学び、在学中にディプロマ(ARCM)を取得。またこの時期に、最初に出版された作品である『コンサート・プレリュード』と『ガウディウム』を作曲する。1979年、ニュージーランドのブラスバンド選手権の100周年にて『長く白い雲のたなびく国「アオテアロア」』が初演される。

卒業後、BBCの委嘱による3作品で、欧州放送連合の”New Music for Band Competition”で3年連続優勝を果たす(1985『スカイライダー』、1986『オリエント急行』、1987『スリップストリーム』)。また、アメリカ空軍バンド(英語版)からの委嘱で作曲した『ダンス・ムーブメント』で、1997年にサドラー国際作曲賞を受賞。2005年に『宇宙の音楽』で、2016年に交響曲第3番『色彩交響曲(カラー・シンフォニー)』で、NBAレヴェリ作曲コンテストの最優秀賞に輝く。

2000年に、自らの出版社「アングロ・ミュージック・プレス」を設立し、同レーベルよりCDも発売している。イギリス、アメリカを始めとして、日本、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドなどで広く作曲家・指揮者として活躍している。

1991年には東京佼成ウインドオーケストラの委嘱で『セレブレーション』を作曲し、東日本大震災に際しては『陽はまた昇る』を贈るなど日本との関わりも深く、多くの演奏団体(吹奏楽団体が中心である)に作品が取り上げられている。

  • スリー・ダンス・ミニチュアズ「港の情景を思わせるイメージ」をメインに、スパーク氏らしい世界観で描かれています。演奏時間、曲構成、手応えのある難易度など、自由曲にオススメの一曲です!ご購入はこちら